2010年12月16日

『KAGEROU』最速(?)レビュー - 大森望|WEB本の雑誌

<水嶋ヒロ>既にベストセラー「KAGEROU」発売 話題の中身は?

水嶋ヒロさん、喜びと戸惑い語る…小説発売
「命」伝えたい…水嶋ヒロさんの小説きょう発売

『KAGEROU』最速(?)レビューWEB本の雑誌文=大森望


『KAGEROU』 齋藤智裕 ポプラ社 1,470円(税込)

>> Amazon.co.jp
>> 本やタウン 第5回ポプラ社小説大賞を受賞した齋藤智浩のデビュー長編『KAGEROU』が12月15日午前0時から販売開始。

青山ブックセンター六本木店はじめ、終夜営業の書店にはワイドショーの撮影クルーが詰めかけ、村上春樹『1Q84 BOOK3』発売時以来の大騒ぎとなった。

 人気俳優・水嶋ヒロの処女長編とあって、同書は発売前から話題が沸騰。刷り部数は、すでに4刷43万部に達している。歩安入帳の責任販売制(返品時には掛け率が低くなるため、売れ残った場合には一定のリスクがある)で各書店からの予約注文を積み上げた結果らしいが、新人の小説デビュー作としては記録的な数字だ。

 小説の中身は、予想に反して、40歳の中年ダメ男が主人公の脱力系ドタバタコメディ。帯裏の内容紹介、

"廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。/「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。/そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。命の十字路で二人は、ある契約を交わす/(中略)深い苦悩を抱え、主人公は終末の場所へと向かう。/そこで彼は一つの儚き「命」と出逢い、かつて抱いたことのない愛することの切なさを知る。"
 というのは確かにそのとおりだが、この要約から想像される作風とはほとんど対極にある。
 物語のパターンとしては、よくある"悪魔との契約"もの。ただし、ファンタジーでもホラーでもSFでもなく、一応は現実に立脚している点がユニークといえばユニーク。ふつうの小説ではありえないキャラ、ありえない組織、ありえない設定が続出するものの、全体にコミカルなタッチなのでさほど気にならない。主人公の愛すべきダメっぷりと文章の素人っぽさが相俟って、それなりに好感のもてる小説に仕上がっている(関係ないけど、本文の最後、232ページの誤植にいちいちシールを貼って訂正してあるのもご愛敬)。
 38字×14行というゆったりした文字組のおかげもあってか、あっという間に最後まで読めるのも長所のひとつ。小説好きの読者には物足りないだろうが、ふだん本を読まない人には歓迎されそうだ。主人公が連発するオヤジギャグ(一応、それなりの必然性はある)を水嶋ヒロファンがどう受けとめるかに注目したい。

 なお、同日発売の「SWITCH」2011年1月号は、水嶋ヒロのロングインタビューを掲載。『KAGEROU』についても熱く語られているようだ。

(大森望)

「命」伝えたい…水嶋ヒロさんの小説きょう発

水嶋ヒロ 処女作に予約殺到「驚異的な数字」

水嶋ヒロ処女作、斬新ゆえに評価は賛否両論

水嶋ヒロさんは出版業界を潤す「金のなる木」

水嶋ヒロが受賞したポプラ社小説大賞って!?中2病? オヤジギャグ? 本日発売、水嶋ヒロ『KAGEROU』を読んでみた
第五回ポプラ社小説大賞受賞作『KAGEROU』齋藤智裕/ポプラ社
2010.12.15発売。人気俳優水嶋ヒロが作家に転身! 出版界ひさびさの大話題作です。

読み始めてどうしても気になるのは、主人公のヤスオがなぜ四十一歳なのか。正確には四十一歳の誕生日直前。『KAGEROU』はそこからスタートする。

〈「いや、違うんですよ! 違います」
慌てふためくヤスオに、男がその場にはそぐわないヤケにのんびりとした口調で聞いた。
「なにが違うんですか?」
「だから、その……自殺とかそういうあれじゃなくて……あ! 景色を見ようとしただけで」〉

なのにこの軽さ。
廃墟と化したデパートの屋上から飛び降り自殺をしようとするヤスオ。その寸前、キョウヤという謎の美青年に見とがめられ、必死に言い訳をする。最初のほうのシーンだ。

〈「タバコ持ってないですよね?」
「すみません、吸わないもので」
「そっか……すいません。吸いません、なんちゃって」
「え?」
「なんでもないです」〉

自殺を阻止したキョウヤとヤスオ、そのしばらく後の会話である。いやいますよこういう四十歳だって。むしろイマドキの人物造型としてはリアルですらあるのかも。
だけど、この超話題作ですよ。若手人気俳優がその栄光を捨てて小説家を志し、賞金2000万円のポプラ社小説大賞を獲ったなあと思ったら賞金辞退したんですよ。帯には〈人生を賭してまで伝えたかったメッセージとは何か?〉とまで書かれちゃってるじゃないですか。
だったらここは、主人公も二十代後半くらいの青年でいいじゃないですか! どうせなら脳内で水嶋ヒロに置き換えさせてよー! てか、ポプラ社さんなぜそこ変えてもらわなかったの? 戦略として考えなかったの? 著者主演の映画とかさ、いろいろ展開しようもあるじゃない?(ん? キョウヤが美青年なのが保険?)
なのにどうしてヤスオは、〈そりゃあ確かに営業マンとしてはそんなに冴えなかったかもしれないけどさ、それでも十年以上会社に忠誠を尽くして働いてきたんだよ〉というバブル入社組の冴えないリストラオヤジなんだあ!?  と、頭の中に「?」がとぐろが巻いた状態で読み進んでいくわけです。

と、ここまで。
『KAGEROU』って発売前情報とかなり印象違いませんか? だって記者会見で内容について話されたときは、ひたすら深刻で真面目、「命です」「自殺防止です」ってことしか頭に入ってこなかったし、予約開始時にamazon に掲載された「内容紹介」では、
 
〈『KAGEROU』ーー儚く不確かなもの。
廃墟と化したデパートの屋上遊園地のフェンス。
「かげろう」のような己の人生を閉じようとする、絶望を抱えた男。…

そこに突如現れた不気味に冷笑する黒服の男。……〉

と来たもんだ。ツイッターのタイムラインに
「『KAGEROU』の内容紹介から中二病な漢字だけを抜くと「儚」「廃墟」「屋上」「遊園地」「かげろう」「人生」「絶望」「冷笑」「黒服」……」
みたいなツイートが流れて来たときは爆笑したものです。で、あーこういう耽美で自己満足的なよーわからん心象風景みたいなのがえんえん続くやつか、あるある〜、あー読みたくねーと思った。

だけどぜんぜん違ったんです。
『KAGEROU』のいちばんの魅力は、なんと「ギャグ会話」だった。それも少しオヤジくさい、なつかしいテイストの。
まあ最初の章あたりは新人っぽい気負いというかおおげさな修辞がちょっとくすぐったい。でも、三分の一くらい読み進むと、そういうのはほぼ消えて、テンポのよいコミカルな会話が続いていくのです。自殺に関するうんちくをキョウヤがこんこんと語り、彼の属する謎の組織の全貌が明らかになっていくところなど、気持ちよくつるっつる読めます。

そして、わかりました。
そのコミカルさを象徴するのが、じつは、「ヤスオがなぜ四十一歳なのか」ということだったんです。
いいですか? 本筋にはあんまり関係ないけど、一応ちょっとネタバレなのでご注意。
以下、引用しますよ。やはりキョウヤとの会話です。


〈「とうとう四十一歳になっちゃったか。これでバカボンのパパと同い年だ」
「……すみません、どちらのお父様ですか?
「知らないの? 『これでいいのだ〜』ってヤツ」〉

水嶋ヒロ……じゃなくて、齋藤智裕は、これがやりたかったのか!
そう合点がいったとたんこの作者がけっこう好きになりました。
これでいいのだ〜。

物語の中心にあるのはたしかに自殺、命。
だけど、ぜんぜん重くないです、だれにでも安心して読めて、オヤジギャグに和む。
そういうチャーミングな新人賞作品でありました。
齋藤智裕って、案外ジュブナイルが似合う作風かもな。……はっ! ポプラ社!(アライユキコ)


posted by ぴかまま at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 新刊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。